医師の求人サイトでスポット検索

現在の勤め先に移ったのは求人サイトを利用

私は、現在福岡の病院で10年ほど勤めています。
それ以前には東京で5年ほど別の病院勤務をしていましたので、医師としては15年になります。
私が最初の勤め先から現在の勤め先に移ったのは求人サイトを利用してです。
大学の医学部を無事卒業して、そのまま大学病院へと就職することになった最初の1年目2年目は、まさに激動の時代でした。
一日が24時間ではなく48時間なのではないかと錯覚するほど不眠不休で働き、今思えばよく体がもったなと感じてしまうほど働きました。
もちろん、『新人の頃は覚えなければならない事も多いですし、臨床の経験もできるだけ多く行わなければならないので大切な時間だったのですが、東京の大学病院というのは外来の患者さんの数が、地方の病院とは桁が違いますので、自分に課せられた仕事の量も多かったように思います。
私の同期の中には、あまりの仕事量の為、医師自体を辞めてしまった方も少なくはありませんでした。
3年目を過ぎた頃には、仕事にも慣れ、後輩もそれなりに入ってきましたので、徐々に医師としてもリズムを得ることができてきました。
しかし5年目の頃に、福岡の実家の父が倒れてしまい、母が介護をするようになったのですが、母も高齢で、更に私は一人っ子でしたので、福岡の実家近くの病院に転職したいと思い、求人サイトに登録をしました。
私が医師ジョブに登録した時に申告した条件は、まず福岡の実家から近い事、次にシフトなど勤務時間などがある程度自由に決められる事、更に結婚が決まっていたので、育休や託児所など子どもができたときの為の制度が男性でもしっかりとしている事の3つでした。
給与などの待遇面では、東京の病院ほどもらえるわけではないことはわかっていたのであまり気にしませんでした。

現在の勤め先に移ったのは求人サイトを利用 / 求人サイトのスポット検索で探しましたが / 今の病院に大変満足